2020年09月08日

影が長くなりました

 朝6時40分ごろ。
 いつものように早朝散歩で芝公園のなかをめぐっていたSatoshiは、長くのびている木の影に気づいてしみじみ見つめてしまったそう。

「だいぶ長くなってきたよね。そういえばサクラ並木の下を通ったら葉っぱも散り始めていたし……。秋を感じますね」

DSC_00431.jpg
 
 わたしが夜散歩しているときには草むらにいる虫たちの大合唱が聞こえます、吹く風も少しひんやりした感じ。

 昼間の空にはもくもくの入道雲。まだ真夏のような暑さの日が続いていますが、季節はひっそりと移っています。

 なんだかやり残したことがあるような、ないような……。
 夏から秋へ。少しさみしい気分もします。なぜでしょうね。

DSC_03021.jpg

 Sakuraが退院しました。はじめは10日ほどの予定でしたが結局丸2週間入院していました。低血糖予防のためにあらたに使用するインスリンポンプを使いこなせるようになるのにちょっと手こずったからです。

「ほんとにイヤになっちゃう。もうたいへんなんだから」
 Sakuraが口を尖らします。

 インスリンポンプ療法では、リザーバー(インスリンの入ったタンク)とチューブでつながっているカニューレ(インスリンを注入する細い管)をお腹あたりの皮下に挿入して留めておき、ポンプを通じて個々の人の状態に応じたインスリンを持続的に注入します。カニューレやリザーバーなどは2,3日ごとに交換します。慣れてしまえばスムーズにできるようになるのでしょうが、初心者にとってはなかなか神経を使う作業をしなくてはいけません。

 リザーバーやポンプは1つの小さな容器にまとめられていて、使い勝手のよいところにつけて携帯します。ほとんどいつもお気に入りのキャラ入りTシャツやジーンズですごしているSakuraは、いまはジーンズのウエストに止めていますが、
「ベルトなしのワンピースなんか着たら、これ、どこにつければいいのかしら? そんな服はもう着られないってこと?」
 と、残念そうな口ぶり。

 うーん。でもそういうときはかっこいいベルトつきのウエストポーチやポシェットに入れておくとかいい方法がありそう。胸のあたりに止めている人もいます、という話も聞いたし、いろいろ試してみましょ。

DSC_00541.jpg
posted by shebrokeherwrist at 21:20| Comment(0) | 女性シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
よろしかったらクリックお願いいたします ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村