2018年09月30日

麻布いーすと通りのかかしまつり

 9 月の終わりの週末。28日、29日に東麻布かかしまつりがありました。
 東麻布近辺に東北の出身者が多かったことから、本家山形のかかしまつりにならって始まったおまつり。今年で44回目になるそう。
 
  雨がふっていた土曜日、午後4時ごろ。Satoshiとわたしは新一の橋の方から歩いて東麻布商店街へ。地下鉄大江戸線赤羽橋駅のすぐそばです。
 東京タワーが見える商店街、麻布いーすと通りの入り口に着くと、おまつりのシンボル、イルミかかしがお出迎え。

DSC_2075.jpg

 さっそく、今年のかかしコンテストにエントリーしている楽しいかかしたちを見物。
 伝説のポケモン、ルギアや、大海原をゆく海賊、ミニオンのボブやくまのプーさん……。今年ならではの作品としてはマイクを持った安室奈美恵さんのかかしもあります。

 かかしは、小学生の子どもたちや、地域にかかわっている大人たちが気持ちを込めてつくったもの、
 なかなかの力作ぞろいです。

DSC_20851.jpg

 通りの左右では物産やお菓子などの屋台が。きれいなあめ細工の店は子どもたちに人気です。
 唐揚げチキンや、アユの塩焼き、焼ホタテ、パエリアなど、おいしそうな匂いについ惹かれる屋台も並んでいます。飲みものはラムネ、ビールやワインなど。

 ワインを飲みながらゆっくり見て回ります。
 雨がやや小ぶりになったのでSatoshiはもう傘をたたんでいます。

 横道につくられたメインステージでは女の人が演歌っぽい歌を歌っていました。
 通りのいちばん奥にあるミニステージでもポールダンスなどパフォーマンスが行われているようですが、ちょうどインターバル。味わいのあるアコーディオンの生演奏だけが流れていました。

 通りのなかほどで、短い髪をバンダナの三角巾できりっとつつみ、かわいいエプロンを身につけた女の子がアユの塩焼きを食べている女の人のそばに近づいていくのが見えました。会釈してビラを手渡しています。

 その先にあるお菓子の店では、
「ありがとうございました。またお越しください」
 買いものをしたお客さんに口々にお礼を言う子どもたちの声が。

DSC_21031.jpg

 見ていると思わず笑みがこぼれます。
 あいにくの雨にもかかわらず、元気いっぱい通りを小走りで行き来している小学生くらいの男の子や女の子たち。
 おまつりのお手伝いや、遊びに来た子どもたちです。

 一通り回ったので、最後に山形名物アツアツの芋煮を食べました。
 7時台にはもう終わってしまう、地域に根差した素朴な催し、かかしまつり。あたたかく懐かしい感じのするおまつりです。

DSC_00011.jpg
posted by shebrokeherwrist at 21:25| Comment(2) | 女性シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。

亡くなった長姉が麻布十番に住んでいました。
洋裁が好きだった長姉はかかし祭りに毎年出品。
マザーテレサかかしで優勝したこともあります。
とっても懐かしく記事を読ませていただきました。
Posted by 風のフェリシア at 2018年10月07日 19:48
風のフェリシアさん

始めまして。

お姉さんとかかしまつりのすてきなお話、ありがとうございました。なつかしく読んでいただけてとてもうれしいです。
またいろいろなお話、聞かせてくださいね。
Posted by Eiko at 2018年10月14日 08:07
コメントを書く
コチラをクリックしてください
よろしかったらクリックお願いいたします ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村