2021年12月15日

帰ってきたウサギと2本の小さなツリー

 日が暮れるのがはやいですね。
 夕方散歩にでかけるといつもの通りにはもう街灯がついていて、風が吹くとひぇっと寒い。同じ時間でも上がっていく坂の向こうにまだ青空も見えた明るい夏が恋しくなります。

DSC_60211.jpg

 かわいいウサギのオーナメントが芝公園のバラ園のすみにおかれている寄せ植えのプランターに帰ってきました。

「ウサギがいたよ。久しぶりだね」
 朝の散歩中に見つけたSatoshiはあれっ、と驚いたそう。

 小ぶりのかわいらしい花といっしょにちょこんとおかれていたウサギは、コロナ前だったかコロナ禍がもう始まっていたかはっきり覚えてないのですが、ある日忽然と姿を消してしまいました。その後、花の手入れをしている人の困惑を表わすような、「返してください。お願いします」と書かれた張り紙を見た記憶があります。

 いま花壇には、そのウサギ(あ、もちろん前にいたのと同じウサギではありませんが)や、青いジャケットを着たピーターラビットと仲間たちの姿も。通りすがりに目をやる人たちを和ませています。

DSC_60851.jpg

 バラ園の奥のほうの小路のそばにある茂みには小さなツリーが2本立っています。
 去年はボール飾りが赤や紫色で小さいながらもわりあい華やかでした。今年のツリーはゴールドとシルバーの飾りつけ。ピュアで落ちついた感じです。

 小さな発見(?)は楽しいですね。小さな気分転換になります。

 そろそろクリスマス。
 コロナの話題に明け暮れた1年がまた終わろうとしています。

DSC_6101~21.jpg
posted by shebrokeherwrist at 22:00| Comment(0) | 女性シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
よろしかったらクリックお願いいたします ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村