2020年05月27日

髪型だけ若返っても

 公園の芝生広場へと向かう石段の脇にアジサイが咲いていました。
 
 4、5日ほど前に、白い手まりのようなアジサイを1つ見つけて喜んでいたのに、いまはもうブルーやピンクなどのたくさんの花が。

 このところ雨もようのお天気の日が多かったからでしょうか。
 季節が確かに移っているのを感じますね。

DSC_73441.jpg

 25日、東京などの首都圏1都3県と北海道の緊急事態宣言が解除されました。油断は禁物ですが、ひとまず新型コロナウイルス感染症の第一の大きな波を乗りこえられたようです。

 2月の初めから始まった、できるだけ家にいましょう、という生活は、緊急事態宣言のあいだ(2か月弱)をふくめて約4か月に及びました。
 ほんとにたいへんでしたね。

 たいへんななか、自粛の後半になってから、わたしはふと、3年前に買ったスチームオーブンレンジをもっと使いこなせたら、と思いつきました。なんでもつくれるとても賢いレンジなのに、いままでは料理をあたためたりピザを焼いたりするだけ。宝の持ち腐れでしたから。

 それから、レンジについていたレシピ集にのっている料理を片っぱしからつくってみました。

 下ごしらえをして、オイルや香辛料や調味料で下味をつけたらグリル皿などに並べて番号をセット。あとはおまかせで、手軽なうえに失敗なしでおいしい。片づけもぐんとラクです。
 もっと慣れてくれば、もっとこまかい塩梅もできるようになるかも。楽しみです。

DSC_324711.jpg

「髪がのびてもうっとうしいだけで、まあ困ることはあまりないよね」
 そう話していたSatoshiの髪はステイホーム中にだいぶのびました。先回カットしてから3か月ほどたちます。

 それでも、
「髪が長くなって、後ろの薄くなった部分が若干目立たなくなった気がする。うん、案外いいかも」
 と、まんざらでもなさそう。

 美容室に行きそびれてしまったわたしも、肩くらいの長さの髪が5センチほどのびてしまいました。カラーリングができてないのが難ですが分け目あたりにちらほら見える白髪はそれほど気になりません。

 わたしはお下げ髪を卒業してから不精にも髪型はほとんど同じストレートのワンレングスで、いまの髪の長さは40~50歳代のころと同じくらい。

 まあ、ヘアスタイルだけ若返ってもちょっとね、という気はしますが……。

 長めの髪はジーンズなどラフな格好に合います。外出するときは目の下のクマやほうれい線をカバーしてくれるマスクもあるし。

 そう、髪がのびてなんとなく楽しい気分もします。うーん、もう少し落ちつくまではこのままでも、いいかも。
posted by shebrokeherwrist at 22:19| Comment(0) | 女性シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

お水、飲んだ?


 芝公園のなかのいつもの通り道。敷石の上に、葉っぱのあいだからさす日の光が明るいもようを描きます。
 つややかな新緑がきれい。

DSC_70191.jpg

 バラ園には真っ赤やピンクや黄色や白いバラが咲き乱れていました。大輪のバラはゴージャス、一重のバラはナチュラルでかれんな風情。
 眼福ですね。

 改築された宝球院のそばにある弁天池にサギの姿が見えます。近くに寄っても逃げようともしません。ゆうゆうとしています。 

 夏の初め。
 うつくしい花が咲き、さわやかな風が新緑の上を渡っていく季節。

 自粛の日々が続いていますが、少しの時間でも自然の生気にふれるとうれしい。いやされます。

DSC_72321.jpg

 5月に入ってから、もう夏になったような気温の高い日がけっこうあります。

「お水、飲んだ?」
「だいじょうぶ。ちゃんと飲んでいるよ」

 先日、Satoshiの体調をチェックしてくれている訪問看護師さんから、これからはこまめに水を飲んで熱中症にならないように気をつけてくださいね、と念押しされました。それで、ときどき注意しあっています。

 そういえば、古い洗濯機が壊れてしまいました。運転音がガーガーとうるさいのです。

 わたしは毎日、なにか洗いものはないかしら、と探してしまうほどの洗濯魔(?)なので、洗濯機の故障はゆゆしい事態。

 出かけたくないので近所の電気屋さんに相談したのですが、結局、渋谷にある家電量販店に買いに行くことになりました。

 久しぶりにやってきた渋谷。お店に入ると、1階の入り口で待機していた店員さんがサッと寄ってきて体温をはかります。

 手を消毒してからエレベーターに乗って洗濯機売り場の階へ。順番を待っていたら、飛沫感染を防ぐためにマスクとフェイスシールドをつけた若い男性の販売員さんが現れ、丁寧にいろいろ説明してくれました。なかなかよい感じです。

 洗濯機は気に入ったものがぶじ買えました。

 これから当分のあいだ、買いものや遊びはこんなふうに十分気を配ったやり方になるのでしょうね。
 否応なしの、新しい生活スタイルが始まっています。

DSC_71972.jpg
posted by shebrokeherwrist at 22:11| Comment(0) | 女性シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

小さな公園の遊具とベンチが封鎖されて

 毎年このころ、近郊に住む友だちが庭に咲いたスズランの花を送ってくれます。

 添えられた彼女の手紙によると、この春はスズランの花が少なかったそう。いつもの半分ほどのかさの花束。花瓶に生けようとして手にとったら、ふわっと澄んだ甘い香りがしました。

 スズランの咲く季節。
 はやいですね。もう5月です。

DSC_6996123.jpg

 古川沿いにある、小さな公園の遊具やベンチに黄色いテープが巻きつけられています。使わないで、ということですね。
 入り口はそのままなので、公園のなかをぶらぶらするのはかまわないようです。
 
 東京都は都民に、大型連休のあいだの新型コロナウイルス感染症拡大防止ために、都が管轄する公園など人が集まりやすい場所の利用自粛を要請しました。
 芝公園の鉄棒などの遊具のある場所もテープで囲まれ、立ち入り禁止になっています。
 この小さな公園は港区の管轄ですが、都にならってやっているもよう。

 この公園は、午前中にはおそろいの赤やブルーの帽子をかぶった近所の保育園の園児たちが元気に遊んでいました。
 いま、子どもたちのにぎやかな声はまったく聞こえません。

 それでも午後になると、テープでしばられたベンチのはじっこにちょこんと座ってお昼を食べている若い女の人や、くつろいだようすで本を読んでいる男の人を見かけます。

 あらら……。

 でもまあ、感染予防のためには人との接触をできるだけ避けるのが大事で、人がいるところでは人とのあいだに距離をとらないといけませんから、注意喚起の目的は果たしているといえるでしょう。

DSC_0001_BURST202004291757514691.jpg

 義妹Sakuraの1週間分の買いものを手助けしているSatoshiとわたしは、買いもの日を週末からウイークデーに変更。午後のはやい時間にスーパーマーケットにでかけました。

 人の多さは週末よりは少しまし、という程度でちょっとがっかり。
 
 ステイホーム生活が続いているためお菓子やパンづくりにトライする人が急増しているそうで、小麦粉や無塩バターなどが売り場の棚から消えていました。

 スーパーのレジカウンターには飛沫が飛ぶのを防ぐ透明シートが設置され、つねに感染の危険にさらされている従業員の人たちはマスクや使い捨ての手袋を着用して応対しています。
 
 そういえば、先日Satoshiが広尾にある老舗スーパーマーケットに行ったときには、従業員さんが入り口で手に消毒液をかけてくれたそう。そのうえ、必要とする買いもの客には使い捨ての手袋を渡していたとか。

 ええー、知らなかったわ。で、あなたはその手袋をもらってつけたの? そう聞いたら、
「いや、まあ、そこまではしなかったよ。スーパーもたいへんだなあ、とは思ったけど」

 聞いた話では、4月ごろから日本で拡大傾向にある新型コロナウイルスは、中国武漢で発生したものが変異して、猛威をふるって多くの死者をだしたヨーロッパ型のウイルスだそう。

 いまは緊急事態宣言がだされているバリバリの非常事態ですが、日本では個人の意思や自由が優先されているというか(それはもっとも大切なことではありますが)、対策はどうしてもどうぞよろしく協力お願いしますね、という自粛要請どまり。

 なんかゆるい感じもしますが……。
 1人1人の衛生観念のせいでしょうか、別の理由もあるのでしょうか。きびしい外出制限などの強制的な規制なしでここまで収めているのはほんとに特異(もちろんいい意味です)。

 これからもなんとか踏んばりたいですね。

DSC_70011.jpg
posted by shebrokeherwrist at 21:45| Comment(0) | 女性シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
よろしかったらクリックお願いいたします ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村