2020年02月25日

スマホの字が読めるのは白内障のせい

 中国中部にある都市武漢で発生した新型コロナウイルスが世界中に拡散しています。
 日本でも感染者が増え、誰もがなにかのぐあいで感染してもふしぎではない状況に。

 ウイルスの詳細はまだよくわかっていません。ワクチンも治療薬もなし。

 頼みとするものがほしいですね。治験開始がうわさされている、新型インフルエンザ治療薬がこのウイルスに効くことを願っています。

 公園の花壇で、伸びた小枝に釣り鐘のようなかたちをしたピンク色の花をたくさんつけている小さな木を見つけました。
 エリカです。

 やわらかな色あいが自然な感じ。
 野に咲いているようなようすのせいかひょうひょうとした風情もあって、目を引きます。

DSC_36691.jpg

 昨年末に受けた人間ドックではいくつかの疑いが指摘されて再検査の求めがありましたが、眼科もその1つ。

 左の目がぼやけているのに気がついたのは5、6年前です。
 ただ、右目がわりあいしっかり見えていましたし、手もとが見やすくらくだったため不自由さは感じないまますごしていました。

 それがこのごろは、夜、街を歩いていると、いくつも連なる街灯やそのさきの交差点の赤や緑のシグナル、通りすぎる車のオレンジ色のライトやお店の明かりがまるで雨の日のシーンのようにぼわぼわとにじんで見えることも。目の前に広がる景色にあぜんと立ちつくしてしまいます。

 2月中旬に受けた再検査では、左右の目の白内障や視力低下、という診断。加齢によるものです。

 ご存じのとおり、白内障は水晶体が濁ってくる目の病気ですね。
 症状には、目のまぶしさやかすみ、遠くが見えなくなる(近視がすすむ)、などいくつかあるようです。

 わたしはいま経過観察中ですが、白内障は外科的手術でしか治りません。放っておくとやがて失明します。

 手もとの字が裸眼で読めるのは白内障のせいですか? そう尋ねたわたしに、先生はそうです、と言うようにうなずきました。
 ううう……。

 もともとわたしは目はわりによいほうだったのですが、仕事柄細かい字面などを追うことが多かったせいか40歳代の終わりごろから老視気味に。パソコンに向かうときなどには専用のメガネをかけるようになりました。

 それが、60代の半ばからは(なぜか)近くのものがよく見えるようになってきたのです。
 小さな針の糸通しだって楽勝。
 へんですよね。(そう、へんだったんです。)

 ともあれ、年齢が上がるにつれていろいろ心地よくないことが自分の体におきてくるのを実感します。

 めげずに、いままでとは違う自分とのつきあい方、見つけていきたいですね。

DSC_65821.jpg
posted by shebrokeherwrist at 21:30| Comment(0) | 女性シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月14日

久しぶりのふるさとで……


 芝公園のウメがだいぶほころんできました。
 ほのかに漂う品のよい香り。はやい春の予感。

 まだ冷たい風が吹き抜けるなか、いろんな花に先んじてきっぱりと咲くウメの花を眺めていると、先への明るいイメージを感じてうれしくなりますね。

DSC_655212.jpg

 2月上旬は、9か月ぶりに高知に帰っていました。亡くなった父の十三回忌の法要を営むためです。
 久しぶりに見た高知の空は濃いブルーで、綿菓子のようなふわふわの雲が浮かんでいました。

 肉親はみな亡くなっているのでいま実家には誰も住んでいませんが、なにかあるときのためにそのまましています。
 
 南国とはいえ、古い日本家屋は夜や朝にはしんしんと冷え、どこからかすきま風も。
 寒くてついいきんでしまうのか、Satoshiとわたしの血圧もふだんよりやや上がってしまいました。

 法要は菩提寺で行いました。

 父とは8歳年が違う叔母は、体はわりあい元気ですが緑内障のため目がほとんど見えません。
 法要では会えないかも、と思っていましたが、従弟が手を引いて連れてきてくれました。彼の妹もいっしょです。

「わたしはいま84歳やき」
 叔母は元気な声で言います。ほんとうはもう89歳なのですが。
 90歳になるまではずっと84歳のままでいい、と決めているらしいの、と従妹が笑いながら話していました。

 広い本堂にご住職の読経が流れます。

 わたしは施主なので最初にお焼香をするのですが、つい仏さまの前で長いあいだ(心で)話しかけたり、参列者に一礼もせずぼうっと席に戻ったり、いつもなにかしらヘマをしてしまいます。なかなか無心になれないのはなぜでしょうね。

DSC_647612.jpg

 法要の翌日は日曜日。
 土佐名物の日曜市をSatoshiといっしょにぶらぶら歩いてから、屋台村風のひろめ市場へ。藁焼きのカツオたたきをタレとさっぱりした塩で賞味。

 ちなみに、こちらのカツオのたたき1切れの厚さは約2センチ。ぷりっとした歯ごたえでめちゃ食べごたえがあります。

DSC_65041.jpg
posted by shebrokeherwrist at 22:01| Comment(0) | 女性シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
よろしかったらクリックお願いいたします ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村