2019年09月22日

Satoshi、Tamiちゃんに腕をペシペシとたたかれる

 96歳のTamiちゃんはいま、背中をちゃんと立ててベッドの端や車椅子に座れます。
 足もうまく上げ下げできます。このあいだは、ほんの一瞬のことでしたが自力で立つことができたそう。

 この1か月、食欲がだいぶ戻ったことや毎日のリハビリのおかげでしょうか。

 入院していた約3週間はずっと寝たきりの状態でしたし、退院して老健に入所したころは体全体に力がなく、ぐにゃっとした感じでしたから。

 Tamiちゃんは、ついさっき自分がしたことや、いつかのあれやこれやは忘れてしまいなにも覚えていませんが、SatoshiやSakuraと対面しているときはすごくしっかりしていて、ふつうです。

 自分の思うままに暮らしてきた彼女は、1日をおおまかなスケジュールに沿ってすごしたり、看護師さんのケアや、他の入所者さんとの交流などがある生活になかなかなじめないのか、会いに来たわたしたちに、はやくここを出て家に帰りましょう、となんどもなんども訴えます。

 先日、Satoshiはいつものように、なだめるように、
「もう少し元気になったら一緒に帰ろうね」
 と声をかけました。

 するとTamiちゃんは車椅子からぐっと身を乗りだし、手を伸ばしてSatoshiの腕やひざをパンパンと強くたたいたのです。

「いやー、ほんとにだいぶ力がついてきたみたいだね。でもすごく怖い顔だったよね。ふぅ」

DSC_56792.jpg

 あ、これは、ヤマハギ?
 HPの見ごろ情報に載っているヤマハギの花と目の前にあるピンク色の小さな花を見比べます。こんなふうに草花をちょっと調べるのも楽しい。

 金曜日の午後。
 お天気もまあまあ。空気もさわやか。

 この日は理学療法士さんの所用のためリハビリがお休みに。
 ふってわいたせっかくの時間。白金台にある国立科学博物館付属自然教育園にやって来ました。

 秋の虫が鳴いています。
 雑木林の方からツクツクボウシの鳴き声が聞こえてきますが気のせいかもうそんなにうるさくありません。

 道端の草むらにはナンバンギセルやキキョウなどがひっそり咲いていました。ひょうたん池のそばではススキが風に揺れています。

DSC_56771.jpg

 3時すぎに、持参してきたカヌレやピーカンナッツのスコーンなどをお茶うけにティーブレーク。
 ヒルズにあるラ ブティック ドゥ ジョエル ロブションのベーシックなお菓子やパン。やわらかい味わいが口に広がります。

 大きな石のテーブルや木のベンチにうすい木漏れ日があたっています。
 初秋の野や林はおだやかでわびた雰囲気です。

 そういえば先日、怒りのTamiちゃんにはたかれてから、Satoshiはなんとなくしょげ気味です。胃も痛むそう。
 ストレスを感じているのですね。
 
 みんながいろいろな思いを抱いたまま、季節がまた移っていきます。

DSC_56761.jpg
posted by shebrokeherwrist at 21:02| Comment(0) | 女性シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

白露と、台風一過の36℃越え

 日曜日、9月8日は二十四節気の1つ、白露でした。
 このころから、はっきりと目には見えないけれどもまわりが秋めいてくるといわれています。

 はやい朝。
 赤トンボがいっぱい飛んで、ひょろひょろしたレモン色のさわやか系ヒマワリがそっと咲いていた、芝公園で。

「広場を歩いていたら、足を踏み出すたびに芝についている小さな水滴がピッピッと飛んでくる感じだったよ」

 トレーニング用の7分丈のパンツ姿だったSatoshiは、くるぶしまでぬれて冷たかったとか。

 気温が下がった夜に、大気中の水蒸気がちぢこまって草葉にとどまり、白く光って見える、朝の白露。

 あ、もうそろそろ秋なのかな、と思いきや……。

DSC_55691.jpg

 日曜日には台風15号が関東地方を直撃しました。

 午後Tamiちゃんに会いに行っていたわたしたちは、夜になると風雨が激しくなると聞いていたのではやめに帰宅。

 夜半から麻布十番も激しい雨風に見舞われました。

 未明の3時、そして2度目は5時だったか、近くを流れる古川の水位が上がっているので注意をするように、と港区の防災無線のアナウンスが大きな音量で流れ、目が覚めます。

 翌日は台風一過のきれいな青空。
 気温もぐんぐん上がって36℃を越え。猛暑です。

 幸い古川はあふれませんでしたが、東京やその近辺では、交通の大混乱などいろいろな被害がありました。大規模な停電や断水などはまだ復旧していません。

 おそい午後、ヒルズのさくら坂の方まで散歩に出かけましたが、湿気の多い、むあっとした空気がまとわりつくような感じ。じっとり汗ばみます。

 帰り道、ふと食べたくなって、人形焼きの老舗、紀文堂でワッフルを買いました。いま主流のサクッとしたベルギータイプのワッフルではありません。あの昔懐かしい、クリームをたっぷりはさんだ、ふんわりしっとりしたワッフルです。

 そして今朝。

「あのヒマワリが見当たらないんだよ。風でなぎ倒されたのかな」

 公園の木があちこちで倒れていて、赤トンボもぜんぜん飛んでいなかったそう。早朝の散歩から帰ってきたSatoshiの残念な報告です。

DSC_56011.jpg

 今日も昼間の気温は35℃を越えました。

 夏と秋が行きつ戻りつしています。

 夏のあいだにし残したことやし忘れていたこと、これからやらなくてはいけないことが気になってあせります。

DSC_55911.jpg
posted by shebrokeherwrist at 21:53| Comment(0) | 女性シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月03日

いつの間にかもう9月に

 芝公園の芝生広場から見上げたうす青い朝の空にはいっぱい雲がかかっていました。
 サルスベリの花は満開です。

『草むらで気持ちよさそうに寝ている猫がいてね」
 と、Satoshi。

 そっと近づいたら、気配を感じたのかふっと起きて、彼にクールな一瞥をくれてから、ゆうゆうと歩き去ったとか。

「ふてぶてしい面構えで、丸々しててね。なかなかいいノラ猫だったよ」 

DSC_552411.jpg

 日曜日、遅く帰ってきていつもより遅い夕食をすまし、ちょっと用事をしてから深夜お風呂に入ったら、首のつけ根あたりに痛みがあるのに気がついて、湯船にくずれるように沈みこんでしまいました。

 体に力が入らないのです。
 
 月曜日の朝になっても首の痛みや体のだるさは取れませんでした。前後左右にうまく首を倒せないし、肩や両手を動かしてなにかするのもちょっとつらい感じ。

 とうとう、この日の予定はすべてキャンセルしてやすむことに。

 ドタキャンなのでいろいろな人に迷惑をかけて申しわけなく思う気持ちはいっぱいなのですが、(とにかく横になれるのがうれしくて)あきれるくらい、いくらでも眠れるのです。

 よく寝たのがよかったのか、火曜日の朝には首の痛みはだいぶうすらいでいました。
 これぐらいならもう体調はふつうといっていいかもしれません。

DSC_55341.jpg

 午後時間があったので、麻布十番から歩いて12分くらい、東麻布いーすと通りにある小さなジェラート専門店、麻布ファブリカに向かいます。
 食べ歩き用にラムレーズンとジャンドゥイアの2種類をチョイス。

 少し前ににわか雨がふったせいか、歩いていると吹く風がすずしく感じます。
 ほどよい冷たさのジェラートは口どけがすごくなめらか。食べていると元気になる気がします。

 気がついたらもう9月が始まっています。

 あ、Tamiちゃんは、いろいろあったため体が弱まっていてまだリハビリを始める状態ではありませんが、このごろ食欲もでてきました。けっこう元気です。

DSC_55421.jpg
posted by shebrokeherwrist at 22:00| Comment(0) | 女性シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
よろしかったらクリックお願いいたします ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村