2019年07月29日

メイメイちゃんのポニーテール

 気さくな麻布十番の商店街でも緑したたる麻布増上寺の境内でも、人々が行き交う銀座の大通りでも、歩いているとどこからか中国語の話し声が聞こえてきます。

 中国の人はわりあい声が大きいのでよけい耳に入ってきます。
 夏休みのせいか、どこに行っても中国人の家族や旅行客が多いですね。

DSC_52971.jpg
 
 雨模様の東京上野公園。
 わたしたちが中国にいたころに知り合った、大連に住むドゥさんと10歳になる娘のメイメイちゃん、Satoshiとわたしは上野動物園の方へと向かいます。

 ちなみにメイメイちゃんは香港で生まれたので本名はエミリーですが、みなは愛称で呼んでいます。

 ドゥさんは日本がほんとに好きな人で、去年は7月中旬に、豪雨災害の爪痕も生々しい西日本から猛暑にうだる東京まで、夫婦、息子と娘の一家4人で果敢に旅してきました。

 今年は、7月の下旬に2週間の予定でメイメイちゃんを連れて日本にやってきました。
 しかも、早朝の電話で、
「じつはもう日本にいるんです」
 と、突然に。

 どうも、メイメイちゃんが、突然目の前に現れて驚かすのがいい、と主張したらしいのですが……。

 ともあれ、この日は上野周辺でのんびりすごすことにしていました。
 午後にはなんとか雨も上がり、うれしいことに薄日も差しています。

 乗馬を習っていて、動物が大好きなメイメイちゃんは、このあいだ日本で買った、ドクロのマークがついた黒いキャップをかぶっています。
 後ろのアジャスター部分から、1つに結わえた毛がふわりと飛び出していてキュートな感じ。

 そういえば、去年のメイメイちゃんは両脇にかわいい編みこみの入ったポニーテールでした。朝、お母さんが編んでくれていたのでしょう。

 キャップの下から利発そうな目がじっと見つめています。
 インディゴブルーのワンピースにキティちゃんのバッグを斜めがけ。まだ細い体つきのせいかどことなくボーイッシュなふんいきがあります。

 残念なことに彼女が日本にいるあいだはお天気のよい日はあまりありませんでした。
 ディズニーランドで遊んだときも、ディズニーシーに行ったときも雨にたたられてちょっと悲しい思いをしています。

 ドゥさんの話では、友だちの一家といっしょに行った富士山周辺のキャンプ場で、お母さんが恋しくなったメイメイちゃんは夜中にキャンプ場中に聞こえるような大きな声でわあわあ泣いたそう。

 それでも……。

「ビンチーリン!」
 これは彼女がごきげんになる言葉。
 ビンチーリンはアイスクリームのことです。
 泣きべそをかいていてもふくれていても、冷たいお菓子が出てくればすぐにニコニコ。気分が変わります。

12345.jpg

 ドゥさん親子が中国に帰って、ほっと一息ついたころ。
 麻布十番のジェラテリア、マルゲラで、ヘーゼルナッツフレーバーのノッチョーラと、ラズベリーやミルク、ピスタチオのジェラートパフェを買ってきました。

 冷たくてふんわりしたきれいなお菓子を眺めていると、健気でおしゃまでかわいいメイメイちゃんの姿が目に浮かびます。
posted by shebrokeherwrist at 22:59| Comment(0) | 女性シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

涼しい海の日に

 ころんとした白いアナベルのそばにピンクのアナベルが咲いていました。

 アナベルは西洋アジサイ。アジサイは日陰にひっそり咲いて雨にぬれる楚々としたイメージがありますが、ほんとうは日向が好きな花だそうですよ。

 雨がふったりやんだり、うっとうしい毎日です。お日様が好きな元気な花を見て、ちょっぴり和みます。

1.jpg

 祝日の海の日の午後、朝からの雨もふりやんで薄日が差してきました。

 梅雨空で、ひんやりと感じる日も多いので、弱いものの日の光があるとふっと気持ちが明るくなります。

 この日は月曜日。お休みの日ですが理学療法士のSさんがSatoshiのリハビリに来てくれました。

 彼はアシスト付き自転車で担当地区を移動しています。
「雨がやんだので苦手な雨ガッパを着なくてすみました」
 そう言いながら、白い歯を見せてにっこり。
 うん、その気持ち、わかりますね。

 1時間のリハビリが終わったあとはお茶にします。お茶菓子は暗闇坂下にあるベイユヴェールの焼き菓子。黒コショウなどの風味がおとなの味わいで、お気に入り。

 それから、買いものがてらSatoshiといっしょに広尾に出かけます。

DSC_52491.jpg

 有栖川公園のなかの段々を順々に下りて広尾口の方へ。
 いつもと違う道を通ったせいか、歩きながら見える景色も少しだけ違っています。
 雨に洗われた緑がみずみずしく、きれい。

「ふぅ、空気がさわやかに感じるね」
 歩きながらSatoshiが話します。

 なぜでしょうね。
 自然の緑のなかにいると、湿った空気も気持ちよく感じます。

DSC_52601.jpg
posted by shebrokeherwrist at 22:11| Comment(0) | 女性シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

ア、アイスクリームがソフトクリームに!

 うすいグレーの空、しとしととふる雨。
 この2週間、東京は梅雨らしいじめじめしたお天気が続いています。

 七夕の日に向けて、芝公園の芝生広場にある木には笹が取りつけられ、少し前からいろいろな願いが書かれた五色の短冊がつるされて風に揺れていました。

 7月7日はまた、二十四節気の1つ、小署。
 日差しが強まりこれから夏の暑さが本格的になるといわれていますが、今年の小署は雨のせいかひんやりとすずしいお天気。
 なか休みなしの雨のシーズンが続いています。

DSC_51941.jpg

 先週、雨がふってない日の朝はやく、公園の広場で飼い主が投げた青いボールを小さな白い犬がくわえて全力疾走していました。

 雨がふりやむとなんとなく得した気分。
 人も犬もつかの間せいいっぱい楽しんでいる感じです。

DSC_51891.jpg

 3日前、我が家の齢10年になる冷蔵庫がちょっと不具合をおこしました。
 いつの間にか、なぜか、温度がゆるんでしまったのです

 なんかヘン、と気がついたのは朝の7時半ごろ。
 朝食の納豆に刻みネギを入れようとして、ストックしてある冷凍庫を開けたSatoshiは、ネギがぐちゃぐちゃになっているのを見つけてびっくり。

 わぁー、冷凍庫のなかのものがぜんぶ半解凍状態になっている!

 コーンに入ったアイスクリームはふわふわのソフトクリームに。カップのアイスクリームはとろとろに溶けてすっごく甘いドリンクみたい。

 ええぇ!

 すぐにドアにある設定のスイッチを操作して急速冷凍にセット。
 再冷凍に適さない食品は残念ですが廃棄。

 ところが、
「エラーコードは出ていませんね。どこにも異常は見つかりません」
 翌日やって来た人のよさそうな修理サービスのお兄さんは、はっきりした原因がわからずちょっと困ったような顔で私たちに話します。

「でも、冷蔵庫は10年もたつともうお年寄りなんです。だから、そうですね、もうそろそろ……」
 どうやら彼は、買い替えどきなのかもしれません、と言いたかったよう。

 冷蔵庫はあの日Satoshiが再設定して以来、ごきげんで役目を果たしています。
 ひょっとしたら、お年寄り、の言葉が聞こえてきて、失礼な! と発奮したのかも?

 うーむ。
 ほんとうにどう考えたらいいのやら?

DSC_52111.jpg
posted by shebrokeherwrist at 22:00| Comment(0) | 女性シニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
よろしかったらクリックお願いいたします ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村